読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

復縁したいのに無視されているアラフォー女性のための元気レシピ

今でも忘れられない、復縁した元彼。でも連絡は完全無視されていて辛い…そんなアラフォー女性が元気になれる方法を実体験を元にお伝えします!

縁結び神社に行けば、復縁できる?

答え

 

出来ません。

 

理由は簡単、神社に行くだけで誰もが復縁できていたら、世の中大変なことになってしまいますから。

 

また、あなたと元彼に縁がない場合は

連絡を取りたい!

復縁したい!

と神様にお願いするほど、元彼との距離は遠ざかっていくそうです。

 

もし元彼に振られた理由が新たな恋人出現で、その憎い女と元彼に縁があるなら、あなたが1日も早く本命と出会えるように神様は元彼とその女をどんどん近付ける、なんてこともあるようです。

納得いかないんですけどね…

 

もしくは、あなたを成長させるための試練として、どんどん辛い思いをさせよう、とするかもしれません…

今のあなたにとって辛いこと、耐え切れないかもしれないことを、どんどん試練として与える…

そして課題がクリア出来なければ、来世でまた同じ課題を与える…

そんな理不尽なことさえあると聞きます。

 

神様はそんな厳しい怖い存在なので、どんなに縋っても、私たちが望む最高の幸せは与えてくれないようです。

 

神様が私たちにとって良い幸せは与えてくれるようですが、縁がない男性との復縁を願い続けることは一種の呪いにあたるんですって。

 

人を呪わば穴二つ。

 

幸せになりたいだけなのに、それを呪いにカウントされたらやってられないですよねー。

ちなみに呪い方については 

urara0724.hatenablog.com

 で書きました。

 

時々、神社の絵馬を見ると

「●●に住む●●歳の田中太郎と復縁して幸せな結婚が出来ますように!●●県●●市●●歳山田花子」

というような、個人情報丸出しなのがあってギョギョギョ〜!となることがありますが、

「●●が早く嫁と別れて私を選んでくれますように!」

 

なんて願いをなんでもかんでも神様が叶えていたら、私たちの幸せさえ奪われる可能性が出てきてしまうということなんですよね…

 

でも!神社に行くことはオススメします。私もこれまで別ブログの

 

urarara0724.jp

 

に書きましたが、たくさんの縁結び神社に行きました。

この本に出ている神社にもあちこち行きました。 

スピ☆散歩 ぶらりパワスポ霊感旅1 (HONKOWAコミックス)

スピ☆散歩 ぶらりパワスポ霊感旅1 (HONKOWAコミックス)

 

 効果はありませんでしたが、緑豊かな神社に行って、近くの温泉にも入ったりして、なかなか楽しかったです。

 元彼と復縁したい!そうだ、あの縁結び神社に行こう!

 そう思わなければ行かなかった観光地もたくさんあります。

 

あなたがどんなに強く神様にお願いしても、何度も何度も通っても、御賽銭に大金を払っても、それだけで元彼から

「やっぱりお前が好きだ!やり直そう!」

なんて連絡が必ず来るわけではない。

そんなことは皆さん分かってるけど、何もしないとどんどん元彼との距離が離れていくようで怖い。

 そんな縋るような気持ちで縁結び神社に行く方も多いと思います。

 

その気持ちにつけこむかのように、やたらと縁結びを前面に出して御守りをたくさん売っている、そんな神社も増えています。

 私なんて、京都の有名縁結び神社で遠隔祈祷まで受けましたよ!

だって有名占い師に勧められたから…

 

御守りに関しては

urarara0724.jp

 

にも書いていますが、芝大神宮の千木筺も御守り買いましたが、まだ私にはご縁はないですねー。

 でもいいんです。

 お参りに行って効果があった!って人もいれば、無かった人もいる。

 ということを、ここに書けていますから。

 

天気の良い日の昼間に、気持ちの良い神社にお参りに行き、近くのお店で美味しいものでも食べましょ!

 行き帰りは誰とも話しちゃいけないとか、お参りのときは住所氏名年齢干支を言えとか、色んな情報が最近氾濫していますが、そういう決まりにがんじがらめになって思い詰めて参拝するよりも、

 気持ちよくお参りして、日々の暮らしに感謝しに行く方が神様も気持ちよいんじゃないかな?

 

ちなみに、縁結び神社より強力なのは御墓参りだそうですよ!

 

あなたと元彼にご縁があるなら、きっとご先祖さまが助けてくれます。

 

私は縁が無かったんだなー。

でも、だったら新たな縁が欲しいのに、元彼のあと一瞬好きになった男性にはかなり嫌な思いをさせられて、ホントびっくりしました…

 

神様は願いをなんでも叶えてはくれないということと、お参りついでの旅行は楽しい!だけは断言致します。 

PR