読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

復縁したいのに無視されているアラフォー女性のための元気レシピ

今でも忘れられない、復縁した元彼。でも連絡は完全無視されていて辛い…そんなアラフォー女性が元気になれる方法を実体験を元にお伝えします!

好きな人からストーカーだと思われるメールやLINEの共通点

拝読させて頂いているブログに、同僚からストーカーのような行動をされた過去のことが書かれていたのですが、とても興味深かったです。

 

私が常々思っているのは

「こいつはストーカーだ」

という判断基準は、お互いの関係性によって違うということです。

だから、完全に法律でストーカーと認定される基準は、すでにかなり進んでしまっている状況。

 

復縁したくて元彼を待ち伏せする行為は、ストーカー行為と言われることもあれば、「健気」と言われることもあります。

その判定をするのは、振った側。

 

「いきなり別れようなんて言われても納得出来ないから、最後にちゃんと一度話したい」

という相手を無視し続け、待ち伏せされたら「ストーカーだ!」という人もいれば、

「このまま無視するのは不誠実だから、きちんと最後に話すべき」という人もいます。

 

ただの同僚、しかもあまり話したことが無い人から待ち伏せがあった場合も、

「知人レベルの親しく無い同僚」

と認識するか

「会社の仲間」

と認識するかで変わってくる部分があるな、と思いました。

 

ブログ主さんにストーカー行為をした同僚男性の心理は、何となく想像できます。

「気持ち悪い。意味不明」と怖がられたメール内容は、多分ストーカー側は「情熱」と「冗談」が入り混じえて書いたつもりなのでしょう。

 

ストーカーから来る気持ち悪いメールや手紙の共通点には

「全く面白くない冗談が入っている

というのが挙げられます。

 

情熱的に愛を告白した後で、「怖い」と思われたくなくて、

「自分はストーカーではなくユーモアもある一般的な人間だ」、とか

「いや、そこまであなたを崇拝しているワケじゃないんですよ」、

とアピールしたいがために、

対象者を小馬鹿にするようなことを書いたり、自分を卑下するようなことを書く、

という保身の心理があるのですが、

 

受け手から見ると、重い愛の告白と笑えない冗談が「情緒不安定」に見え、その一貫性のなさが更に「怖い」と思わせてしまうという、全く逆の効果を生んでしまいます。

 

ストーカー側が「こういう書き方をすれば怖く思われない」と考えて書いた文章が「怖い」と思われてしまうのは、残念な話です。

 

が、それが逆効果と分かっていない時点で、客観視できない人間アピールになってしまっているんですよね。

 

そのメールの後に対象者から避けられてしまうと、ストーカーは

「誤解だよ!話せば分かり合えるはず」

と思って、まずはストーカーの誤解を解くために待ち伏せをすることもあります。

 

しかし、それが更にストーカーだと思われてしまう…

 

また、同僚だろうが元恋人だろうが、一度ストーカーだと思われたら、もう時間を置いてもその恐怖心は拭えないものなのですが、ストーカー側はそれに一切気付いていないというのもよくありますね。

 

「怒り」の感情は時間を置けば薄らぐことはありますが、「恐怖心」は時間を置いても変わりません。

むしろ一年後にまたストーカーが顔を出したときに

「まだ執着してるのか!怖い」

と思われてしまうものなのですが、ストーカー側は「もうほとぼりが冷めたかな?」と思ってしまうのです…。

 

そもそもブログ主さんのストーカーは

 

urarara0724.jp

で書いたように、相手との距離の詰め方が分かっていない男性だったのですが、多分相手の中ではブログ主さんは「親しい同僚」を越えた「恋愛関係になれる異性」だったのでしょう。

実際は「ロクに話したことないただの同僚」だったのに。

 

とはいえ、職場の人をいきなり「怖い」と拒絶するのは難しいですよね。自意識過剰と思われても嫌だし。

また、「ストーカーにはハッキリ言わないと分からない」 とか「無視が一番良い」というのは、私はちょっと疑問です。

 

「あなたには興味はありません」

「まだ俺のことをよく知らないからだ」

とか思ってしまったり、

メールやLINEの既読スルーも

「ストーカーだと誤解されているかもしれないから、キチンと会って話さないと」

と思わせてしまうからです。

 

相手は、視野が狭くて執着心が強いけれど、「片思い」をしてきている人。

告白してきた人を躱す言葉として有名なのは「ありがとう」と言うことですが、それだけだと誤解を生む可能性もあります。

 

「○さんは、他の方同様、職場の仲間だと思っています。

 今後ともお仕事でご一緒する機会がありましたら、何卒よろしくお願いいたします。」

と早い段階で社交辞令を言いながらフワフワと躱し、怖がったり避けてることを悟らせない。

 と出来れば、時間はかかるけれど、エスカレートしない可能性はあります。

 

1度親切に対応し、その後情熱的なアプローチが来たらすぐに拒絶する。

こういう流れはよくありますが、案外コレは相手をエスカレートさせ、より犯罪的思考にさせる可能性があります。

 

何故かと言えば、ストーカーから見たら「まだキチンと自分のことを分かってもらえていない」

「つい数日前に優しくしてくれたのに、一通のメールで嫌われるはずがないし、嫌われたとしたら誤解があるだけ」

という、まだまだ未来に可能性がある状況に思えるからです。

 

片思い状態の人の心の中は、ポジティブとネガティヴが入り混じり、双方の妄想でどんどん視野が狭くなっていきがちです。

 

もちろん人によりますし、「相手から連絡が来ない=脈ナシ」とすぐに割り切れる人もいますが、「自分なりに相手の迷惑を考えて行動しているつもり」でより怖い行動をしてしまっている人もいて…。

 

そもそもこういうケースのストーカーは、最初は対象者を傷付けたいなんて思っていません。

「愛を返してくれなかった」ではなく

「馬鹿にされた」というのが怒りのキッカケ。

だから無視したり拒絶するタイミングを間違えたら、ストーカーはより一層加速していく。

 

じゃあストーカー化させないためには何が出来るのか?

と考えていくと、それは失恋して元彼に対していつまでも復縁を願い続ける自分は、どうしたらその想いを断ち切れるのか?

ということイコールだと気付きました。

 

誠実に、決して未来に望みを抱かせないように、冷静に離れること。

相手にそれが自分なりの優しさなんだと分かってもらうこと。

それが出来れば、憎まれることなく離れることが出来るかもしれない。

 

バツッと断つか、フェードアウトするか、どちらがベストかはケースバイケースですが、

フェードアウトするにしても、途中で絶対に期待を抱かせてはいけない。

 

そもそも私は待ち伏せはしたことが無いので、待ち伏せをする人の気持ちはイマイチ分かりません。

ただ、「待ち伏せしなきゃ話せない」と思われてしまうと、待ち伏せされる可能性がある、とは思います。

 

人は手に入らない相手ほど好きになるもの。

その心理は分かるのですが、想いを断ち切る確実な方法は、私にはまだ分かりません。

でもストーカー予備軍の人から変なメールがきたら

「えー冗談キツイですよー!それ知らない人が見たら怖いって思いますよー」

とか、笑いながら躱せたら、逃げるよりは相手をエスカレートさせずに済むかも?とは思いました。

自分がそれされたら、肩から力抜けちゃいますし。

 

そして自分から好きな人に思いの丈を伝えるメールやLINEをするときは、

「これ、重く思われるかな?」

と心配をして、無駄につまらない冗談を書こうとしてはいけない、ということだけは気をつけなければいけない、と改めて思いました。

PR