読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

復縁したいのに無視されているアラフォー女性のための元気レシピ

今でも忘れられない、復縁した元彼。でも連絡は完全無視されていて辛い…そんなアラフォー女性が元気になれる方法を実体験を元にお伝えします!

頑張らなきゃ好きになってもらえない、という考え方

時々思い出すことがあります。

元彼と復縁したくて頑張っていた頃、

「どう頑張ればいいのか分からない」

と元彼本人に言ったら

「頑張らなくていいよ」

と言われました。

 

私はそれを

「頑張っても復縁出来ないから諦めろ」

という意味に捉えて

「頑張らなきゃ終わっちゃうじゃん」

と言った記憶があります。

 

付き合っていた頃から、元彼には

「頑張らなくていいんだよ。」

と言われていたのですが、それは

「ありのままでいて、合わないなら合わないってことなんだよ」

という意味でした。

 

ただ、彼本人の考え方としては

「相手に好かれようと精一杯頑張って、それでダメなら仕方ないと諦めがつくから、後悔が無いようにやり切ればいい」

と思っているとも言っていたので、当時私の頭の中は混乱していました。

 

要は、相手が受け入れてくれている間に精一杯頑張って、それでダメならダメだけど、その為に無理をする必要は無いし、無理をしても続かないだろう

ということだったのかな?と今は思います。

 

復縁に関しては、私のやり方では、頑張れば頑張るほどダメになっていきました。

好かれる努力をするのではなく、ただただ自分の愛情を押し付けていたからです。

 

頑張って自分からメールして、断わられるのに怯えながらスケジュール確認をして、会ってもらって…

それに疲れ果てて怒りをぶつけたりもしていました。

それでもまた会って、段々また仲良くなって…

繰り返しても「やり直そう」と言ってくれなくて、また不安になって怒ってたなぁ。

 

会えなくなる少し前にはまた仲良くなっていたのですが、やはり復縁出来ないので

「最近私たち仲良くやれてるのに…」

と言ったら

「だって俺、すごく頑張ったもん」

と言われ

「頑張ったのはあなただけなの?あなたが頑張ったから、私たちは楽しく過ごせたの?」

と聞いたら

「うん」

とあっけらかんと笑われて、物凄く虚しくなったことがありました。

 

しかし、「頑張る」って、なんでしょうね?

頑張らなきゃ楽しく過ごせない関係って、なんなんだろう?

 

他人に好かれる為には、確かに努力は必要です。

ありのままの、ワガママですぐに悪態をつく私、どスッピンでダラけている私では、好きになってもらえない。

ある程度関係が出来上がってからならともかく、自分ばかりが相手を好きな時は、頑張らないといけない。

 

合コンや婚活の場に、キレイに化粧して、服を選んで行って、笑顔で愛想よく話す。

それは、頑張らないと出来ないことです。

仕事じゃないから、そこで頑張っても意味があるかどうか分からないけど、でも頑張らないと何も始まらない。

 

片思いの相手の前でも、復縁したい元彼の前でも、ひたすら自分が良かれと思うことを精一杯やって、好かれようとしないといけない。

 

そして大抵の人は、好きな人が自分の為に頑張ってくれるのは嬉しいけど、好きじゃない人が頑張ってきても、高みの見物をして、選ぶ側の余裕の気持ちで見ているだけになります。

むしろ冷めていったりもしますね…。

 

彼が喜びそうな場所に誘って、一緒にいる時は可愛く甘えたりしながらも気を遣って、でも顔色を窺いながらビクビクしないで、楽しく過ごす努力が出来ていたら、今頃は違ってたのかな?

 

そんな余裕無かったけど。

 

誰かを好きになったばかりの時は、相手に好かれようとしたり、相手をもっと知ろうと思って頑張るのは、楽しいです。

 

でも、ある程度まで距離が近づいても、自分が望む距離になれない時、途端に頑張りは楽しくなくなり、試験を受けているような気持ちで相手と接することになります。

 

「このメールで正解だったかな?間違ったかな?」

「さっきの態度で減点されたかな?」

「あぁ、またうまく出来なかった…」

「これで嫌われて、もう返信が来なかったらどうしよう…」

 

私は元彼のように

「自分なりに精一杯頑張って、それでダメなら仕方ない」

とは思えません。

やるからには、結果を手に入れたい。

でも、無理しても結果が手に入らなくてイライラするなら、

「頑張り方を間違えている」か「相手を変えた方がいい」ということなんでしょうね。

 

よく婚活などの場では

「興味がない話も笑顔で聞きなさい」とか

「頑張って相手の良い所を見つけなさい」と言います。

 

好きな人の為ならともかく、好きになれるかも分からない人の為に努力するのは面倒くさいですよね…。

 

私は片思いが徒労に終わったと分かった時などは、

「あー疲れた!頑張ったのにダメだった。

もういいや、好かれないなら嫌われても何でもいーや。」

と思って、一気に好かれる努力を止め、本来の嫌味で悪態をつく私を見せてしまいます。

 

だって、ずっと無理してたんだもん。

好かれたいから優しくしてただけだもん。

優しくし合うのは楽しかったけど、でも付き合ってくれないなら、優しくしても無駄じゃん。

 

私は「頑張らなきゃ好きになってもらえない」と思っていて、そして、その頑張りに結果を求めているようです。

 

でもツラツラと書きながら改めて思ったのですが、

「頑張らなきゃ好きになってもらえない」という気持ちで頑張ってみても、大抵はうまくいきません。

一緒に楽しく過ごす為に気を遣い合うのと、嫌なことを我慢して頑張るのは、やっぱり別物なんじゃないかな?

 

復縁の為に頑張る時って、どうしても「嫌なことを我慢する」という努力をしようとしてしまいがちになります。

 

しかし、相手は別に「我慢」なんて求めて無いんですよね。

 

どう頑張るのが、自分が望む状況を手に入れる為に必要な努力なのか?

それって段々状況が行き詰まってくると、よく分からなくなります。

それで、恋愛マニュアルとか一般論で状況を整理しようとして

「こんな未来のない関係はダメだ」

と思ったりしてしまいます。

 

でも、自分の望む状況を諦めるのがベストなのか?

努力の仕方を変えた方がいいのか?

選択肢はその時々によって、違うのかもしれない。

そしてやはり、無理して我慢しなきゃ一緒に笑い合えない相手というのは、不自然な関係なんだろうなぁ、と思います。

 

出来ることなら、頑張ることを楽しめる状況で努力したいものですよね。

頑張らないのは、それはそれで楽だけど楽しくは無いから。

だから、次は頑張ることを楽しめるようにしたいし、頑張る方向を間違わずにいたいです。

PR